CCクリームがナチュラルメイクに向いているワケ

現在、ナチュラルメイクにも最適と注目を集めているのが、CCクリームです。
CCクリームとは、ケアコントロールやカラーコントロール等の言葉の略とされるクリームで、高いスキンケア効果と、光によって肌の色を調整する効果を持ち、透明感のある美しい肌に仕上げてくれる効果があります。
1つのクリームで複数の働きをしてくれる上、よく伸びる為、厚塗りを防ぐ事が出来ます。
更に、今まで、肌トラブルをメイクによって誤魔化そうとしていた人でも、CCクリームであれば、薄く塗るだけで肌の色を均一に見せてくれる為、気になる部分があればそこだけ少し重ね塗りするだけで、とても自然な仕上がりとなります。
ですから、透明感のある自然なメイクが可能となります。
その上、紫外線をカットしてくれる効果もある為、綺麗な肌を維持したいと考えた時にも有効です。
そんなCCクリームは、単体でも高い効果があるのですが、よりしっかりとした印象にしたいと考えたら、パウダーやファンデーションを使う事がお勧めです。
重ね塗りをした場合等、その部分が気になる事もあるでしょう。
そんな時は、パウダーを使って仕上げると、全体がとても自然な仕上がりとなります。
それに対して、しっかりとした印象に仕上げたい時は、ファンデーションを塗ると、様々な場面でも通用するしっかりとしたメイクに仕上がります。
CCクリームでナチュラルメイクに仕上げたいと考えたら、パウダーやファンデーションを塗って仕上げる事がお勧めです。

便利なCCクリーム

ベースメイクに役立つ化粧品は様々な種類がありますが、CCクリームも使いやすい商品として注目されています。
BBクリームはすっかり人気が定着していますが、CCクリームはさらに進化した便利な化粧品です。

まず、ベースメイクを行なうには下地や日焼け止めを塗ったりと何かと手間も必要ですが、CCクリームの場合はワンステップでお手入れを完了させることができます。

忙しい朝も短時間でベースメイクができ、UVカットの機能もあります。
保湿効果とスキンケア効果に優れており、BBクリームよりもさらに軽い仕上がり、つけ心地になることが特徴です。
メイクをしている間もスキンケア効果があり肌の乾燥が気になる人にも向いています。

そのままで仕上げることもできますが、べたつきが気になる場合はフェイスパウダーを軽くつけるとテカリやべたつきを抑えることができます。

CCクリームは肌に乗せることで色が変化するのも特徴で色を補正しながら肌の欠点をカバーしてくれます。
BBクリームと比べるとカバー力はやや弱めですが、ナチュラルなカバー力があり、肌をより明るくトーンをアップするのにも役立ってくれます。
厚塗り感のないよりナチュラルな仕上がりにしたいときに向いている化粧品です。

これ一本でベースメイクを完了させることも出来ますし軽いつけ心地ですので、化粧下地としても利用することができます。よりしっかりとファンデーションで仕上げたい場合も下地として利用できるのも便利です。

CCクリームとBBクリームの違い

通常のスキンケアのあとに行う下地、ファンデーションの代わりにもなるものにCCクリームとBBクリームがあります。両者とも簡単に使うことができてとても便利な商品です。ふたつの違いは何でしょうか。まずCCクリームは肌の悩みをカモフラージュしながらファンデーションがわりにもなる商品です。クリームの中に保湿成分が入っていますので乾燥が気になる人には特におすすめです。また女性の悩みでもあるシミやしわの発生を抑える美容成分も入っていますので、ファンデーションがわりに使いながらもスキンケアをできるという優れた面もあります。肌全体をトーンアップしてくれますので、美肌に見せる効果もあります。ナチュラルに仕上げることができますので化粧をしっかりしているという感じが苦手な方でも使いやすいです。一方BBクリームは肌の欠点をカバーする目的のために作られていますので、しっかりとした仕上がりになります。シミやそばかすなど気になる部分をしっかりとかくしてくれますので、リキッド状のコンシーラーを使用しているような感じです。ファンデーションは使いたくないけれども、簡単にかつカバー力の高いものを使いたいという方にはおすすめです。両者ともに利点欠点はありますが、ナチュラルに仕上げることが目的の場合にはCCクリームが使いやすいでしょう。べた塗りな感じもなく自然な上にファンデーションのように肌の欠点をカモフラージュしてくれるすぐれものです。